Wii0513のなんでもかんでも

頭の中を文字に。

考えを文字に起こす、とは自分を納得させること

なんでも考えてみる。

 さて、私は頭の中で色々と考える派である。それは自分にとって何の意味が?と思ったので考えてみる。その答えが「自分を納得させること」である。

 私は家庭教師の仕事をしているので、学生を教える機会は多いのだが、複雑な問題を解かせてみると多くの学生は脈絡のない解答を書いてしまう。それはなぜだろう。そこで彼らに「この回答に至った根拠は何か?」と聞くとしよう。すると驚くことに、彼らは自分たちがなにを考えて解答を書くに至っているのか、説明できないのだ。自分でもなぜか分からない、ふっと湧いてきた考えを精査せずに受け入れ、自分の考えとしてしまっているのである。こういった経験をするうちに、ふと思うところがあった。私はいわゆる「正答のある問題」には自分の論理及び根拠を明確にする(根拠として弱い場合は、不確実であることを明確に意識する)ことを得意とするが、日常でも同じなのだろうか、と。答えは否であった。

 自分の選択には責任と納得が伴うべきであると考えている私にとって、これは由々しき事態であった。一刻も早くこの状況を打破せねばならない。そこで思いついたのが、生徒たちに求めるのと同様、「説明(言語化)する」という行為である。つまり、始まりと終わりが一本の筋でつながっていることを確認するのだ。

たとえば”ダイエット”を考える

 例えば、私は今ダイエットをしているのだが、それはなぜか?と考えてみる。スタートとするのは最初に頭に思い浮かぶことである。ダイエットに関しては主に2つ、「健康面のメリット」と「外見面のメリット」である。

 健康面では、医学上適正とされる範囲に自身の体重、体組成を収めておくことで、QOLを上げることが期待される。特に大きいのが、身体を自在に動かせること、ケガや病気のリスクを低減できることだ。

 外見面では、単純に私が、肥満体である人間よりもそうでない人間の外見を好ましいと感じることが根底にある。(なお、本能による好き嫌いがあると考えており、ここに理性的な理由を以て介入することは避けている。)また、周囲から侮られにくいという意味でも世間的に「きっちりとした」外見であることは意味を持つと考えている。高齢になるほど体型を絞るのは困難とも言われるので、早期の対応が求められる。

 デメリットも考えておこう。ダイエットをすることによるストレス。食事を制限しなければならない。これはあからさまにマイナスだが、メリット2つでお釣りがくる、と感じている。仕方ないので、甘んじて受け入れよう。栄養面でも美味しさ面でも合格の冷凍食品を見つけたのでヘビロテして誤魔化している。あとはチートデイを導入していこうと思う。

 このように、細かいことをいろいろと考えて「ああ、ダイエットは自分の考え方に基づいて行われており、引き続き続けていこう」と納得するのである。結局、やることは考える前後で変わっていないが、自分の納得を確認することでスッキリし、より推進力を得る。これが私にとっては重要なことなのである。

というわけで

 というわけで、自分の頭の中をnoteで書き綴っていきたいな、と考えた次第である。考えることは好きだし、自分に納得出来たらもっと自分が好きになると思うからね。

 これにてさようなら。

【レビュー】『命の格差は止められるか: ハーバード日本人教授の、世界が注目する授業』

今回の書籍

タイトル :『命の格差は止められるか: ハーバード日本人教授の、世界が注目する授業』

著者   :イチロー カワチ

出版社  :小学館

発売日  :2013/07/31

価格   :¥792 

読了年月 :2021/12/25(学部3年)

 

作品紹介・あらすじ:

ハーバードで世界が熱い視線を送る授業がある。日本人教授イチロー・カワチによる健康格差論の授業だ。先進国の中で寿命が短いアメリカと、世界トップ級の日本。この違いは格差にあった。今、格差の広がりとともに日本の長寿は危機に瀕している。格差はストレスを生み、信頼や絆を損ね、寿命を縮める。人々の命を守るには、日本の長寿を支えてきた、格差が少ない結束の強い社会を守るべき―所得、教育、労働、人間関係…あらゆる側面から格差を分析、新たな長寿への可能性を探る。

 

読みやすさ:★★★★☆

もともと教養的な講義のようで、特定分野の専門知識が必要というようなこともない。グラフなどもシンプルなものを分かりやすく説明してくれているので非常に読みやすい。主張したい部分は太字になっているなど、単純だが嬉しい。

面白さ:★★★★★

社会の経済格差がなぜ是正されるべきか、思いもよらない要素(思い当たる要素も多いが)が大事であるという内容なので、「ほ~~」という面白さが満載。

医学知識:★★★★★

読むのに医学知識は全く必要ない一方、読むことで社会医学的知識の基本概念が身に付きやすくなる。なかなか触れることの無い知識なので嬉しい。行動経済学が現代の社会問題に重要であるというのは非常にためになった。

 

感想

「命の格差」という表現から、貧富の差からくる露骨な医療格差の話なのかと思っていたが、そうではなかった。むしろ、貧富問わず医療を受けやすい現代の国家において、なにが「命の格差」というか「健康状態の格差」を生む要因になっているのか、という点を解説してくれる本。パブリックヘルスやソーシャルキャピタルといった概念を研究している。

ちょっと説教臭いところもあるけれど、社会医学の一歩目には良い本であろう。オススメ。

 

自分用メモ:

パブリックヘルス:ある疾患のリスクがわかっているとして、原因となる行動や習慣のうち、どの段階にどれほどの介入をすることで、どれほどの効果が見込まるかを考える。(これはたとえば予防率が低くても安く大勢に施せるなら、差し引きプラスだよね、みたいな考え方?)

パブリックヘルスは個人の健康ではなく、「社会全体の健康」に重きを置いた考え方である。

対象集団において層が厚いところに働きかけるポピュレーションアプローチ。対照集団において高リスク層ひとり一人に重きを置くハイリスクアプローチ。

水道水のフッ素化、塩のヨード化、パンの減塩

漢方医学に関する雑記

漢方医学に関して、レポートが課されたので適当に済ませた。現時点での自分の理解と感想なのでこのブログにも残しておこうと思う。

 

漢方医学 レポート課題 

◎「五臓」の概念 

漢方医学では「自然界に存在する遍くものは五つの要素から成り立っている。その五要素を木・火・土・金・水である。」という五行学説が根底にある。当然これは人体も同様と考えられており、これらのバランスを整えることが健康であるために必要なのである。人体における五つに分ける考え方を臓象学説といい、生体機能ごとに腎・脾・肝・肺・心に分類される。(なお、これらは西洋医学における腎臓・脾臓・肝臓・肺・心臓とは異なることを付記しておく)
各要素(生体機能)は大まかに以下のようなものとされる。
「腎」(木):成長や発育及び生殖の調節を担い、先天的な生命力を司る。
「脾」(火):摂取物から気のモト(水穀の気)を取り出し、後天的な生命力を司る。
「肝」(土):気・血・津液の循環を司る。
「肺」(金):気・血・津液の漏出を防ぎ、不要物を取り除く外殻として働く。
「心」(水):上記 4 つの生命活動を統括する。また、精神や思考も「心」が司る。
また、これらの五要素は、相生、相克、逆相克に当たるもの同士の関連が深い。
健康状態から逸脱した際は、五臓のバランスを損なっているのであり、一手段として漢方薬の処方が行われる。なお、症状が同じでも、望診・切診・聞診・問診によって各要素の多寡を明らかにし、漢方薬の処方を決定する。


◎「漢方医学」講義感想 

感想を書くにあたり、私の立場は西洋科学に基づくものとする。
日本教育では漢方の基礎理論である五行学説は取り上げられておらず、複数回の講義を受けてなお未
だに釈然としない。20 年以上にわたり西洋科学に基づき、ここ数年は西洋医学ばかりを学んできたのだから当然ではある。
現時点で、漢方医学は西洋医学と比して、学問として後塵を拝しているといえるだろう。世界のごく一部地域でのみ探究され、研究の進みは遅々としているからである。基礎理論内に登場する概念の多くが、実体が確認されていない仮説的存在の域を出ておらず、想像に想像を重ねたもののように思える。これは、西洋医学における「四体液説」を想起させることも未熟さを連想させるのだろう。
漢方医学の基礎理論については疑心暗鬼である一方で、生薬の実践経験の蓄積こそが漢方医学の真価といえる。西洋科学では説明できないがなぜか効く、といった事実は厳然としてあり、科学の進歩に欠かせないためである。基礎理論に関する大きな発見や転換がない限り、私自身がこの分野に従事することはおそらくないだろうが、これらの知見をより生かすためにも、漢方医学の益々の発展に期待する。

【レビュー】『読む漢方薬 ストレスに負けない心になる「人生の処方箋」』

今回の書籍

タイトル :『読む漢方薬 ストレスに負けない心になる「人生の処方箋」』

著者   :村上文崇

出版社  :双葉社

発売日  :2015/06/20

価格   :¥1,307 (kindle版)

読了年月 :2021/12/06(学部3年)

 

作品紹介・あらすじ:

漢方のフシギ、全部わかります。

・頭痛の患者が2人。漢方医がまったく違う薬を処方。なんで?
・「冬の病気を夏に治す」ってどういうこと?
・「幽体離脱は肝臓の病」? 何言ってんの?
覚せい剤漢方薬から作られたってマジですか?
・1400年前の中国では「化け猫づくり」が一大ブームだった!?
・そもそも、漢方薬ってどうして効くの?

漢方は「難しい」?「堅苦しい」? いいえ、「オモシロい」んです。

ナチュラル志向の高まりとともに、年配の方だけでなく現在若い女性にも注目される漢方薬
「難しい」「堅苦しい」というイメージもありますが、中国四千年の歴史の中で様々な試行錯誤を経て発展してきた漢方薬には、
常識をひっくり返されるような驚きの理論や品目、逸話がたくさん転がっています。

そう、漢方は「オモシロい」のです。
本書は「効率」「正しさ」「固定観念」にとらわれずに頭と心をやわらかくしておき、
「人生を楽しむこと」こそが漢方医学の神髄だと唱える専門医が、
漢方にまつわる「おもしろくてためになる」とっておきのエピソードを紹介するエッセイ集。

デジタルコンテンツプラットフォーム「cakes」にて好評連載された「サブカル漢方大全」を、
大幅に加筆・修正のうえ書籍化しました。 これを読んで頭の体操をし、スッキリ気を楽にしておけば、ストレスになんて負けない人生を送れるはず!

読みやすさ:★★★★☆

まず純粋に読み物として面白い。著者も漢方薬を楽しんでもらおうと考えているようで、難しいことは脇に置いておいて読んで!という感じを受ける。

ちょっと似たような話が多くて食傷気味になったかな。

面白さ:★★★★☆ 

不老不死や男女の産み分け、呪毒といったいかにも俗物的な用途に用いられてきた漢方の話は非常に面白い。元となる虫の種類が無数にある蟲毒は実質最強の毒なのでとんでもなく需要があったが、やばすぎるし怖すぎるので国が蟲毒製造は超重罪とされていたとか。現代の科学からみれば滑稽で面白いし、当時の中国の世界観に思いを馳せることもできる。まことしやかに流布されれば疑う方がおかしいものね。

医学知識:★★★☆☆

前提として漢方の知識を全くもっていなかったので、何でも新しい情報として学べた。ほとんどの話は「古代のトンデモ呪術的漢方伝説」である。中にはそれが現在はどのように扱われているかなどに言及されているものもある。現代日本・中国における漢方の扱いや、コラムでの漢方基礎概念の説明など、簡素に努めているがそれでも十分ためになったと感じた。

 

感想

一番の目的であった「漢方医学への嫌悪感を減らす」は達成できただろう。

マユツバ伝説が多いためにより強く感じてしまうのだろうが、漢方医学は現代の主流である西洋医学、その礎である西洋科学と前提が大きく異なる。そのため、あらゆる要素に「?」が浮かんでしまうのだが、それはもうそういうものであろう。漢方薬の多くにはたしかに薬効があるのだろうが、明らかに研究が進んでいない感を受けた。中国くらいしか研究に邁進していないことや、「○○」という漢方について調べようとしてもその偽物が出回っており質が悪いこと(中国ならさもありなん)が、信頼に欠けるという印象を与えるのだろう。

しかし西洋医学的には解明されていなくても、実例が多くあり信頼に足るのならば問題ない。実際に、現代も用いられている西洋医学の笑気ガスは麻酔作用を発揮する原理がよくわかっていない。謎理論で押してくるから引き気味になってしまうが、一笑に付す理由とはならないというわけだ。日本にも「ウコンは二日酔いに効く!」という怪しい常識があるのと同じなのだろう。なんとなく、自分とまったく異なると感じる考え方にも排他的でない態度でいたいと感じさせられた。

医学知識については、まじめに学びたい人には別の本をオススメしたい。(といっても私には紹介できるようなストックがない。)適当なことを書いているというよりは、漢方理論を詳説する気がこの著者にはないためだ。私は大学の授業を受けてあまりに漢方医学が理解できなかったので、多少なりとも溝を埋めるためという目的で手を出した。その程度ならむしろ適しているのでオススメとなる。

【レビュー】『仁義なきキリスト教史』

医学関係ないけどいい本だったので記録を残す。

今回の書籍

タイトル :『仁義なきキリスト教史』

著者   :架神恭介

出版社  :筑摩書房

発売日  :2016/12/10

価格   :¥825 (kindle版)

読了年月 :2021/11/10(学部3年)

 

作品紹介・あらすじ:

おやっさんおやっさん、なんでワシを見捨てたんじゃ~!」キリスト教2000年の歴史が、いま果てなきやくざ抗争史として蘇る!「あいつら、言うてみりゃ人の罪でメシ食うとるんで」エンタメで学べる画期的キリスト教史入門! 

 

読みやすさ:★★★★☆

 キリスト教のお話といえば、門外漢にはとても読みにくい、つまらないものというイメージだった。それを、「信仰あるものはみんなヤクザみたいなものとして描こう」というワンアイデアで一挙に解決している。任侠道の独特なコトバに慣れていなければ、中々読みづらいかも?広島人なら問題ありません。

 事実(説)を描く慎重さを持ちながらもエンタメ性を意識して書かれているので、読みやすいし面白い。

面白さ:★★★★★

 宗教用語をヤクザ擁護に置き換え、登場人物が全員チンピラというぶっ飛んだ世界観。宗教が今よりももっと力を持ち、政治的にも主役級だった時代の話なので、西洋人は全員ヤクザである。面白くないわけがない。

知識:★★★☆☆

 小説として楽しく読むために、細かい事実改変もそこそこにある。ただし、解説にもしっかりとどこが改変かを記してあるので、配慮は十分だろう。

 なんとなく聞いたことのある出来事がどういう意味のあるものだったのか、ユダヤ教キリスト教といった宗教ごとの違いはなんなのかなどは本当にわかりやすい。簡単な教養の足しにはなると断言していいだろう。

 

感想

 信仰を持つ者の集まりである教会を、任侠道に生きる者の集まりである組に例え、キリスト組の対外・対内抗争を描いたエンタメ小説。性格のない名前だけの人物たちの織り成す歴史をみても頭に入らないのに対し、こちらは強烈なキャラ描写である。

 お気に入りのエピソードは、文庫版で加筆された一遍であるモーセ編。全員コロス最強狂人ヤハウェの親父、その言いつけを守れない猿のようなイスラエル人チンピラ、その間を取り持ち続ける中間管理職モーセのてんわんやである。モーセといえば海を割って囚人を解放した出エジプトの英雄というイメージなのに、こんな苦労人だったのかという驚きもあった。

 小説を読みたい気分の人にはお勧めしてよいだろう。西洋宗教の信仰者には不快かもしれないのでそこだけは注意されたい。

【レビュー】『産業医』 (YUHISHA Best Doctor Series)

今回の書籍

タイトル :『産業医』 (YUHISHA Best Doctor Series)

著者   :杉本寛治

出版社  :悠飛社

発売日  :2007/07/01

価格   :¥1,760

読了年月 :2021/10/29(学部3年)

 

作品紹介・あらすじ:適当なものがないので目次を掲載

第1章 ビジネスマンが命を縮める理由(ビジネスマンの健康は危機的状況
「経営のスリム化」が健康を蝕む原因に ほか)
第2章 ビジネスマンの健康と産業医活動(産業医に必要なものは治療学ではない
企業の安全配慮義務と就業管理 ほか)
第3章 「健康」とは何か―健康意識革命(健康診断で本当に健康を診断できるのか?
「健康」とは何か ほか)
第4章 健康度アップは生活と考え方を変えること(BMI22なら、本当に問題ないのか?
「年だかり体力が衰えた」のではない ほか)

読みやすさ:★★★★★

産業医とはなにか、全く知らなくても読みやすい。著者は社会における産業医の役割に使命を強く感じており、その職務・職責を知ってもらおうという姿勢で書いたように見受けられる。産業医の実態について知りたければ第1章、第2章のみ読めばよい。

面白さ:★★★☆☆ 

馴染みのない社会医学の分野なので、新しいことばかりで非常に面白く読めた。ただ、後半に関しては産業医の所属する予防医学に従事する医師として、人々の健康についてのメッセージになっているので、面白味には欠けた。

医学知識:★★★☆☆

産業医という職種について詳しくなれるので、医学業界の知識という意味では得るものあり。そういう働き方もあるんだな、という感じで啓蒙される。

 

感想

産業医について知りたいのならば前半のみ読めばよいだろう。社会医学予防医学現場で従事するというのは結構アリな働き方かもしれない。もとより、健康診断などを生業とする職業医師に興味があったので、具体的にイメージできたのは嬉しい。

後半については、章の頭で「あくまで健康の獲方は個人によってカスタマイズされるべきである」と言っているので、そのあとは主観で言いたい放題なように感じた。客観的な情報を提供しつつも、あまりに現行の通説から乖離しているような文章で、私にはだいぶ怪しい主張に思えた。まあここはこの本に求めていたことでは無いのでどうでもいい。

【レビュー】『フリーランス医師のつくりかた 絶対にフリーランス医師として成功するための解説書』

今回の書籍

タイトル :『フリーランス医師のつくりかた 絶対にフリーランス医師として成功するための解説書』

著者   :おると

出版社  :日本医事新報社

発売日  :2019/10/31

価格   :¥2,200

読了年月 :2021/10/17(学部3年)

 

作品紹介・あらすじ:

現役フリーランス医師としてTwitterフォロワー数No.1のおると先生が、フリーランス医師について徹底解説する、業界初の教科書!お金や働き方などのリアルな話や、絶対に失敗しないための知識など、誰も教えてくれなかった大切なエッセンスを大公開。

読みやすさ:★★☆☆☆

めちゃくちゃ平易で読みやすいといえば読みやすいが、「面接時はみだしなみが大事」みたいなしょうもない情報も結構あるので、げっそりして読むのに疲れる感じがある。

面白さ:★☆☆☆☆ 

著者の主観による記述が多く、客観性に欠けるような印象。特段面白みは無い。

医学知識:☆☆☆☆☆

そもそもこの本に医学知識を求める人はいないでしょう。

 

感想

フリーランス大好き!感が強い。少々偏っているが、常勤や開業した医師以外の視点はあまり世に出ないので、興味があるなら読んでも良いかと。

あとは単純に内容に対して値段が高い。私は図書館で借りたからよかったが…。

働き口の話だけは参考になった。スポットとか定期非常勤とか産業医とか。

地方の観光地で当直して翌日は観光して帰る、というのには笑った。

「定期非常勤の科目別求人割合」という図があって、こういう情報が欲しかった!のだがこれっきり。仕事を細かく分類して案件の量や地域分布、給与などを比較してほしかった。それがあれば自分がこれから何を学びどう備えるべきか、という指針になりえたかもしれない。まあそれを自分で調べてみようという気持ちにはさせてくれた。